住宅ローンの繰り上げ返済のタイプ

まとまった資金が出来て、それが使い道が無い時は、住宅ローンの繰り上げ返済に使うと良いです。繰り上げ返済に利用するメリットとして、定期預金よりも住宅ローンの金利が高いから定期で預けるよりは返済してしまった方が金利面でお得だからです。ただ繰り上げ返済は手数料がかかります。それで手数料分繰り上げ返済のメリットが薄れます。

しかし手数料を払ってでも繰り上げ返済をした方がお得なのは変わりが無いです。それで繰り上げ返済のタイプには二つあります。一つは繰り上げ返済をした後、そのまま返済を続けるタイプです。このタイプは繰り上げ返済をした後は、返済をした分だけ返済期間が短くなります。

だから住宅ローンを早く終わらせたい人はこのタイプです。もう一つは繰り上げ返済をした後、毎月の返済額を減らしてもらうタイプです。これは繰り上げ返済した分毎月の返済額を減らしてもらうわけで、返済期間を変わらずか少しだけ短くして、毎月の返済負担を軽くします。毎月の返済負担を軽くしたい人はこのタイプです。

ただ返済期間を延ばすのは返済が出来なくなった人向けの特例ですから、返済期間までは伸ばすことは出来ません。どちらのタイプが良いかは人それぞれでして、経済的に余裕がある人は前者のタイプで早く返済を終わらせた方が良く、経済的に余裕が無い人は後者の毎月の返済額を減らすタイプで、毎月の返済をしていった方が生活が楽になりますから、必ず後者を選びましょう。

Filed under: ローン, 自動車関連, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website