住宅ローンの保証料とは

住宅ローンを契約する時、融資手数料とかの事務手数料の他に保証料という物を払います。この保証料は高額でいったい何の費用は分からないと思います。これは保証会社に払うお金です。保証会社とは契約者がローンを払えなくなった時に代わりに払ってくれる会社でして、その会社に払うお金です。

そういえば保険料みたいに思えますが、全然保険じゃないです。住宅ローンが払えなくて延滞になるとローン債権が銀行から保証会社に移って今度は保証会社から取り立てが来ます。しかも住宅の抵当権が保証会社に有りますから、払わなければ保証会社に抵当権を行使されて住宅を取られてしまいます。だから保証料は払うだけ意味が無いお金です。

それで保証料を払いたくない人向けに住宅ローンを借りる時に保証料を払わなくていい銀行も出て来ました。しかし実態は融資手数料が高額になって、銀行から保証会社に保証料を払っていますが、金利がその分高くなっていて結局融資契約者が保証料を払っているようなものです。保証料の支払い方ですが、一括と分割が有ります。一括は契約時に払いますが分割は返済の度に返済額に上乗せして払います。

一括の方が分割よりも安くなりますが、一括は融資時に上乗せしますから、総支払額は差が縮まります。それで今後インフレで貨幣価値が下がるようであれば分割払いの方が得になります。また保証料は銀行によって違うので住宅ローンを借りる時は保証料も比較して選ぶことです。

Filed under: ローン, 自動車関連, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website