住宅ローンの上手な組み方

一般サラリーマンが現役の内に家を建てるには、どうしても住宅ローンを組まなくてはなりません。一度組んだら一生付いて回る長いお付き合いになるのですから組み方の如何によってはその後の生活にも大きな影響を及ぼすことになります。返済額が多少多くても、返済期間を短くするのがいいのか、返済期間が多少長くなっても月々の返済額が少ない方がいいのか、これは子どもの年齢なども考えた上で決めなければならないので、どちらがいいとは言えません。問題は支払う利子です。

住宅ローンを組んだ機関により利子はさまざまですが、何処が一番安いかは、組む段階で資料を調べればすぐにわかります。利率が低いことがいいことだとはわかっていても、組むときの条件により高いところを選んでしまうことってよくある事です。何しろ長期にわたる返済ですから、そのときの都合で安易に決めてしまうと後で後悔することになります。後悔しないためには、常日頃お付き合いのある金融機関に相談して、担当者の意見を求めることでしょう。

常日頃のお付き合いがあれば、担当者は商売を離れて、実用的なアドバイスをしてくれます。ボーナス時の一時払いの活用なども、ローンと賢くお付き合いする手段の一つです。このほかにもさまざまな方法がありますが、投機的なものには絶対に手を出さないことが大切です。担当者によっては、こちらの商品は大変有利ですなどと、投機性のある商品を薦めてくる場合がありますが、リスクを伴うものは絶対に手を出してはいけないのです。

住宅ローンはあくまでも地道に返済しながら、有利なものがあったら活用していくことを考えましょう。

Filed under: ローン, 自動車関連, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website