住宅ローンについて知っておきたいこと

家を買うときは住宅ローンを借りて支払う人が多い事は有名です。似たようなローンに不動産担保ローンがありますが、不動産担保ローンは金利が高いため住宅ローンの方が人気があるのです。住宅ローンを借りる場合には、会社員の方が金融機関から有利にお金を借りることができるため比較的安い金利で借りることが可能になります。もし、アルバイトや派遣社員、パートなどの非正規雇用や自営業の場合には金融機関を通しての住宅ローンを借りる事は難しいですが、機構を通して住宅ローンを組む事は可能になります。

いわゆるフラット35という商品がそれに当たるわけですが、審査基準は低いとは言え、それでも審査に落ちる可能性は高いのです。あるデータによると、フラット35を利用した人のうちおよそ20%は審査に落ちているといいます。審査に通りやすい条件は、他に借金がないことや過去に信用事故を起こした経験がないことです。信用事故を万が一起こしていてもその時から7年が経過していれば問題ないとは言われています。

また、審査を通りやすくするためには頭金を十分に用意しておくことが必要になります。頭金がたくさん出せることで支払い能力があると判断されるためです。頭金の額はいくらぐらいが適当かと言えば、最低でも200万円は用意しておいた方が審査に通りやすくなります。もし可能であれば500万円から1000万円ぐらいは用意しておくことでかなり審査に通りやすくなります。

仕事に関しては、直近期間が長いほうが有利だと言われていますが、過去3年間の間である程度収入が継続していれば、1回や2回転職をしたとしてもそれほど審査に影響はありません。

Filed under: ローン, 自動車関連, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website