廃車を買取して商売が出来るわけ

車検が通らないとか事故で破損して乗れない車などは、もう廃車にして解体業者の所で処分するしかないです。しかしそんな車でも買い取ってくれる業者が居ます。だからそういう買取業者に売ってしまえば処分費用を払うどころかお金になります。しかし路上を走れない車を買い取るメリットが無いから、何でそんな車達を買い取るのか理解できないと思うます。

実は廃車でもお金になる仕組みが有ります。車検は日本だけの制度でして、海外では車検の制度が無いです。だから日本の車検が通らない車でも海外ではまだ走らせることが出来ます。それで買取業者は日本では走れない車を海外に輸出して稼いでいるのです。

そして事故車も走れるなら輸出しています。走れない車は分解をして、中から部品を取り出して部品を海外に輸出しています。部品を取った残りはスクラップになりますが、スクラップとして処分しても利益が出るから、事故で動かなくなった車まで買取をしています。日本車は丈夫で長持ちするから、古くなっていても人気が有ります。

だから車検切れの車を売るだけで商売になりますから、日本には廃車買取の業者がたくさん居て、ネット上に広告を出して廃車を売ってくれる人を募集しています。だからもう車検が通らなくて処分するしかない車が有るならば、廃車買取の業者に車を売ることです。売ってしまえば車の処分費用を払わなくて済みますし、払うどころか逆にお金が貰えますから、いいこと尽くしです。

Filed under: ローン, 自動車関連, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website